本文へスキップ

校長よりfrom principal

30年度のごあいさつ

校長 小池隆一   

 例年よりも、桜の開花が早い春でした。暖かい陽ざしに誘われたのか、校歌の一節にあるように、校庭の菜の花に蜜蜂を見かけました。
 全校児童181名と特別支援教室拠点校かみたかだ学級46名で、平成30年度のスタートをきりました。新1年生は36名、2学級での編制です。
 教育目標「元気な子、考える子、仲良くする子」の具現化に努め、「知・徳・体」のバランスのとれた教育活動を推進します。この3つの目標の中で、今年度は「仲良くする子:心豊かで思いやりをもち、互いに協力し合い、自他を尊重できる子」を重点目標としました。子どもたちの健やかな成長には、家庭・地域・学校の連携が欠かせません。今年度も、「学校は、地域とともに、子どものためにある」を理念に掲げ、地域の未来を担う子どもたちのために全教職員が協働していきます。
 今年度より、学校再編と関連した工事が始まります。現段階で示されている工期は、校舎の工事が7月から9月に、体育館の工事が9月から翌1月までです。足場の搬入や架設も伴い、校庭と体育館の使用に制限がかかります。工事期間中、子どもたちが体を動かす場所の確保に努めていくことを、大きな課題として受け止めています。
 平成32年4月に、現在の上高田小の位置で、統合新校が開校します。これに向けて、昨年度から統合委員会が開催されています。再編計画が進行していきますが、よき伝統を継承・発展させ、保護者・地域の皆様に「上高田の大地とともに」ある上高田小学校を実感できるように努めてまいります。